上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近

引き篭もりのまるで反対みたいにやたら外出まくってます。
移動時間がかなりカツカツで正直昼飯食えなかったりしたことも何度かあったり('ω`;)
それでもとても有意義な毎日を過ごしてると感じております。
ただ財布がどんどん軽くなっていきます。


最近

お金より時間が欲しいですね。これは前から変わってないか。
家にいる時間が一日のうち半分もないんで社会人の方と同じですが、寝る時間を減らしてはいるんだけども処理したいことができないという。
だから明日、というか今日か、久々に予定入れてないです。
いや、ホントは予定あったんだけどね…変更('A`)


最近

特に身にしみて思うことは、自分が考えたこと、思ったことを言語化することが非常に難しく、また重要であるということ。
まぁこれも結構前から思ってますけども。

というわけで、最近俺が考えてることをちょっと書いてみようかと思います。


まぁキモイのでスルー推奨。
つーかクソ長いんで途中で嫌になること受けあい。
そして書いてて何が言いたいのかよくわからんくなって支離滅裂な文章になってます(;´・ω・`)
ある説明会行ったときにすげー考えさせられる質問というか投げかけがありまして。


何のために今人生を生きているのか。


凄く難しい問いだと思う。
つーかまあここまで来ると哲学だね。
でも普段からこういうこと考えて生きてる人ってほとんどいないと思うんで、こういうの考える機会与えてくれてる就活って凄く面白い。

答えとしては、自分にしかできないことを見つけるために生きてる~とか、日本を変えることのできる人間になるために生きてる~とか、色々あると思う。
「望んでなかったけど、生まれてしまったから」、って言われれば、それまでかもしれない。

でも、生まれたからには生きていくことを余儀なくされてるのも事実。




|生|――――――――→



強制的に。コレはガチ。
まぁ自ら絶つこともできますけど。

じゃあ実際に今はどんな状況にいるのか。






|生|――――――――@――――――――――――――――------→
              ↑
             今ココ!




大体こんな感じだと思う。
途中の道は人によっては分岐してたり、曲がりくねったりしてるだろうけど。
まだまだ人生の4、3分の1しか生きてない人がほとんどじゃないかしら。
まー中には2分の1生きたって人もいるかもですが(´ω`)

こうした中で、絶対に変えられない事実がある。
この矢印の先。







|生|――――――――@――――――――――――――――------→|死|




コレだけは変えようの無い最終的な現実。
生まれた時点で、スタートラインに立った時から既にゴールが決められてる。
マラソンのようなもの。でもゴールがいつ、どこなのかはわからないけど。
死ぬために生きてるようなもの。強ち間違いではないけど。
生と死は表裏一体。


じゃあ、「何のために今人生を生きてるの」って聞かれて、「死ぬために生きてる」って答える人いますかね。
いないと思います。絶対とは言わないけど。少なくとも俺は違う。

ここで、「~のために生きてる」って明確に答えられない人は、つまり現時点において生きる目標とか夢がないと言える。

別に夢がないことが悪いことだとは思わない。何度も言うようだけど、人それぞれ価値観や考え方が違うし。
それに、目標を決めるってことはそこに向かって突き進む=やれることや視野が狭まってしまうっていう危うさも孕んでる。
自由に生きたいって人には、多少窮屈に感じるかもしれない。


でも、ホントにみんな夢って持ってないのかなーと思う。


やりたいこととか、なりたい自分とか、あなたはどんな夢を持ってますかって、そんなん急に言われたってパッと思い浮かぶもんじゃないもんね。
そんな「夢って何?」って聞くよりも重要なのは、自分がどう生きたいのかとか、どうありたいのか考えることなんじゃないかなーと。


生まれた時点で既にゴールが決められてる人生。刻々と死に近づく人生をどう生きたいか。
ゴールが決められているといっても、それまでの間の道は人それぞれあるし、自分で選ぶこともできる。

せっかく生まれてきたからには、楽しく生きたい、自由に生きたい、幸せになりたいって思う人が大半じゃないかと思う。
や、中には後ろ指さされるような状況に身を置くことで、自分の限界を発揮したいとか思う人もいるかもわかりません。
でもまー普通は幸せに生きたいと思うよね。

凄く漠然としてるけど、こういうのも夢なんじゃないかと思うよ。
夢って言うと、自分の会社を持って世界一の企業になってやるとか、海外でバリバリ働く国際弁護士になって年収は3000万円で子供はいらねぇ私よりも頭のイイ男がいるんだったら付き合ってあげてもよくてよとか、医者になって俺の友達と同じような病気の子を治療してその親に言ってやるんだ、「金はいらねぇ」って。それどこのレオリオ?

みたいに、結構具体的なものが多いと思う。
でも抽象的なのでも十分夢になりえると思う。
「幸せに生きたい。」でも。

じゃあどういう風に幸せに生きていきたいのかを次に考える。
人によって幸せの形って違うはずだから、例えば恋人と一緒にいるときが幸せだったら、幸せに生きたい=恋人と一緒にいたいだよね。これでちょっと具体的になった。
じゃあその恋人って誰?一緒にいるって何して過ごすの?ただ並んで座ってるだけ?
そうやってドンドン突き詰めていけばより具体的になるし、自分が「幸せに生きていくために」今何をやるべきかもわかるはず。
そして色々やりたいとか思ってたって、絶対やりたいことに優先順位がつくはず。順位が高いものから普通やっていくよね。


だから、こういう風にいきなり夢って何?って聞くんじゃなくて、自分がどういう風に生きていきたいかって考えれば、夢がない人っていないんじゃないかなぁ~って思った。




んー何が言いたいのかよくわからんくなってきたけど続ける。



で、つまり夢は潜在的に誰しも持ってるんじゃないかと考える。
それを自分できちんと認識してたり、言語化できてたりしてない人が多いだけなんんじゃないかなと。

そりゃー今まで生きてきて、歴史だとか理科だとか国語だとか算数だとか、日本史だとか物理だとか化学だとか数学だとか体育だとかの授業は受けてきただろうけど、
自分について考えたり、見直したり、夢について考えたりする授業なんて受けたことないですからね。
やったこと無いことをやれって方が無理だ。
考えるキッカケがあれば別だけど。



だから、そういった機会を与えてくれる就活に結構感謝してます。
でももうちょっと休みたいぜ。まー自分が好き好んで予定増やしてるんだけどね。



で、話が戻るんだけど、というか重複するんだけど別にみんながみんな夢を持つ、もしくはそれを自分できちんと認識しておく必要性とか全然ないと思うわけ。
夢って言ってもさ、人によって定義が違うんだよね。

どこでもドア欲しいなみたいな、叶えられないけどこうだったらいいなっていう手に入らない夢と。
無理だって誰もが思うようなことを、いや俺にはできると思ってそれに向かって邁進してって手に入れられる夢と。

そしてこの夢っていうのは、往々にして1ヶ月とか1年とか短いスパンじゃ叶えられないものであることが多い。かなり遠い未来における理想であることが圧倒的。
さらにそれが叶えられるのか無理なのかのボーダーギリギリのものであることも挙げられると思う。
つまりさっきも言ったようにより具体的なものであると。


っていうことは、現時点での狭い情報の枠の中から、遠い未来において自分がやりたいこととか、なりたい自分とかを決めなきゃいけないってこと。
そしてそれがより具体的なものでないとそれは夢とは呼べないということ。


そんなん無理じゃね?
大体これから生きていく中でさらに色々な情報がインプットされていくわけで、そしたら自分がやりたいこととかまた違ってくるに決まってるんだから。決まってるとは言い切れないか。
でも例えばドラゴンクエストとかやってて、レベルが上がるにつれてドンドン先に進めるようになると、色々情報が入ってきてやれることが増えてくる。
魔王を倒すって設定が一応あるけど、途中で見つけたカジノにハマるとか、別に仲間にしなくてもいいグレイトドラゴンのシーザーを仲間にするとか。魔王を一直線に倒せばいいだけなのに、やらなくていいこともやる。これって色々知っていく上でそれらをやりたいって思うようになって方向変えてるんだよね。

そしてそんな少ない情報の中から自分の将来をクリアにイメージできるかなんていったらそれこそ難しい。
例えば、パンダを文献で「白と黒の斑点のある動物」としか認識してない人と、実際に動物園で見たことがある人が、パンダをイメージしてそれを紙に書いてくださいなんて言われたら前者はかなり困るでしょ。



だから、別に夢なんて無理やり作らなくたっていいじゃない、って思うのよ俺は。
あるベンチャーの説明会行ったときに、仕事の夢、生活の夢、人生の夢、この三つの夢は最低持とう!って熱弁してた社長がいまして。
その社長自体はとてもアツくて、輝いてる人だなぁと思いましたが、このセリフだけはどうしても腑に落ちなかった。

夢を持つのは人の勝手です。でも、それを他人に押し付けないでもらいたい。
言い方がちょっとアレかもしれないけど、夢がなくても今が楽しければいいっていう未来は考えてなくて生きてる人だっているでしょ。
その人は、自分が納得した上でその人生を歩んでるんだとしたら幸せに生きてるじゃん。

他人の生き方に干渉できるほど偉いのかってこと。
まぁニートは俺嫌いなんでドンドン干渉してってもらいたいが。


だから夢はどうでもいいんだと俺は結論付けました。
そんな俺はどうみてもMoE内で夢と呼ばれてます。本当にありがとうございました。
まぁ俺自身は夢ありますよ。というか就活通して夢を考え持つようになったというべきか。


でも何が一番大事かって言うと、夢とかそんなんじゃない。





自分のことについて真剣に考えること。


自分は何のために生きていくのか。
自分はどんな人間なのか。
自分はどんな人生を送ってきたのか。
自分はどのようにこれから生きていきたいのか。
自分はどうありたいのか。


とにかく自分について、一回でもいいからきちんと、とことん考えることができたら納得のいく人生が送れるんじゃないかと思った。

他人から見て、「アイツは定職にも就かずフラフラして遊んでばっか」とか言われたって、本人がこの生き方に納得した上で人生を送ってるんなら構わないと思うんです。
他人に迷惑をかけるような生き方はクソですが。
他人がどうみようと関係ないでしょ。自分が満足できるならそれでいい。

その、「自分が満足できる生き方」を送るには、一回でも自分を見つめなおさないと無理なんじゃないのって思ったから、こういう風に考えたわけです。

---

最近やたらと夢を持て夢を持て言われるからさー正直ウザくなってきた。
俺は夢あります。でも無い人もいます。無い人にも夢を持てだって?

確かに夢を持った方が断然いいとは思いますよ。
でもね、夢を持つことは必須ではないだろ。
何がその人にとっての幸せかなんて本人にしかわからないだろ。
それを、夢を持つことはこんなにメリットがあるから持った方がいいとか。
まだまだ持ってる情報量が少ない中から無理やり選んで、無理やり自分の夢を創るくらいなら夢なんてない方がいい。その中から本当に自分のやりたいことが見つかったり創れるなら別だけどね。

だったら、「自分のことについて真剣に考えて欲しい」って言ってもらいたい。
夢云々は正直どうでもいい。


大切なのは、「自分」
もちろん、それを取り巻く人や環境も大事だよ!



最近俺が考えてることでした。
2006.02.11 / 雑記 /
Secret

TrackBackURL
→http://pepepepe.blog16.fc2.com/tb.php/170-e1af9b3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。