上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日説明会行く途中の電車で絡まれました。
状況を簡単に説明。


とある駅でエスカレーターを下ろうとしてたとき。

別にそんなに急いでませんでしたが、俺の前は女の人が歩いてる。
普通エスカレーターって右側が急いでる人のために空けますね。
俺も女の人も右側から下ります。

その女の人は彼氏がいたらしく、左側に彼氏がいたからでしょう、エスカレーターに足踏み入れてちょっと下った辺りで急に止まりました。右側で。

俺の後ろからも人来てたし、正直なんともマナーの悪い女だと思ってちょっとどいてくださいよ的に通ろうとした。
イメージとしては、人ごみの中を通るときに手を前に出してちょっと通りますよスミマセンねみたいな感じの。わかるかな。

それで左側に少し体寄せてくれみたいに促したんだけど、どく気配がなかったので無理やり通ろうとした。結構体がぶつかった。反省はしていない。どけよクソが



エスカレーター下って、ホームで電車を待つ。
電車来ました。乗り込みました。



後ろからイキナリ来た男がやたら興奮してます。急に胸倉掴まれました('`)


ごめんね、ぼくいつもイヤホンで音楽聴いててごめんね。
キミの声何にも聞こえてなかったんだ。

でもまぁキレてるのはわかったんで、あぁさっきの女の彼氏かと。
体ぶつかっただけでそんなキレるなよと。

でもね、よくよく見ると、この男手と声震えてやがんの(笑)
年齢的に25.6かね。しかし平日の昼に何してんだか。まぁそれは人それぞれだからいいか。


それでドア付近でお客さん他にいるのにお構い無しで罵声浴びせてくるんですよ。
ボクもね、自分に非があるとは全然思ってなかったのに急に胸倉掴まれて黙っていられるほど人間できてませんからね、ちょっと頭に来ましたよ。
そんで、震えてるもんだから思わず言ってしまった。


震えてるけど大丈夫?^^;


そしたらまた興奮に拍車がかかっちゃいまして、掴んでる手にも力が入ってくるわけです。
そろそろいい加減にしとけよと俺も手出しちゃったのがマズかった_| ̄|○
ホントガキだな~…

まぁ俺も手出したのが良くなかったんだろうけど、それ見て電車男みたいなのが仲介入ってきまして。
電車乗ってからの一部始終見てたからだろうけど、最初に手出したの向こうだから向こうを非難するような感じで割って入ってきて。感謝感謝。

そしたらあの女が


この人私にぶつかってきたんですよ!!!


と力説。

本気で言ってんのかこの女。。。

その後落ち着いたみたいで一応終了。
こっちはネクタイ電車内で締めなおすとは思わなかったぜ。
ジロジロ他の人に見られるしよ。

最終的に示し合わせたように一緒の駅で降りました。
また食って掛かってきたら相手してやろうかと思ったけど、さすがに来なかった。


と、こんな感じ。




俺が絡まれて感じたこと。

随分あの女の人は愛されてるんでしょうね。逆に女の人も男を頼りにしてるんでしょう。
どんな些細な事でも、自分の彼女に何かされたらまぁキレると。その気持ちわからんでもない。

でもね、その行動の最初が口ではなく胸倉を掴んで罵声を浴びせるってのはどうかなーと。
まずは話し合いからでしょう。いや俺もその場面になったらわかんないけど。
でも興奮しすぎだ。
ていうか、普通ぶつかっただけであそこまで行動起こすか?ちょっと信じ難い。


そんでもう一つ。あの女。
自分の非を省みず、一方的に相手だけ非難して正当化しようとする姿勢、立派でした。
公衆の面前で堂々と…そうそうできることじゃない。
だが、相手を責める前にまず自分の行動を振り返ろう。
責任を転嫁するのは簡単。そしてとても自分にとって楽。
でもそれしてたらいつまでたっても自分は成長できない。

それと、自分の彼氏にああいうこと平気でさせてそれを支援するような浅はかな女。
ああいうのとは絶対付き合いたくないね。

俺がもし同じ立場だとしても、実際にその状態にならないとわからないだろうけど、もし同じ行動…暴力に走ろうと俺がしたとしたら、それを止めようとして正しい道へと引き戻してくれるような相手じゃなきゃダメだ。特に俺は爆発すると抑えきれないタイプだから。爆発するまでは自分でかなり抑えるけど。


コレは全部俺に言えること。
他人から学ぶことは多い。
もっと色んな人と関わって視野を広げたいと思った。
まぁ、それが例え絡まれたものであったとしても結構学べることはあるね(;^ω^)
2006.02.18 / 雑記 /
Secret

TrackBackURL
→http://pepepepe.blog16.fc2.com/tb.php/177-0bab7f00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。